赤ちゃんの健やかな成長とお母さんの健康を守る「葉酸」

赤ちゃんの健やかな成長とお母さんの健康を守る「葉酸」

 

皆さんは葉酸についてご存知ですか?葉酸は妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとってとても大切な栄養素です。

 

なぜなら、葉酸には赤ちゃんの脊椎と脳の成長を助けたり、必要な栄養を赤ちゃんに届ける血液を作る働きがあるからです。

 

葉酸は、ほうれん草やモロヘイヤ・チンゲンサイと言った野菜の「葉」に含まれていたり、あるいは、ブロッコリーやカボチャ、オレンジやイチゴなどの果物、納豆やレバーなどに多く含まれています。

 

では、これから葉酸の働きについてもう少し詳しく見て行きましょう。

 

葉酸の働き

 

葉酸の代表的な働きは2つあります。
1つは「造血作用」でビタミンB12と共に赤血球を作り出します。

 

また、葉酸は細胞分裂の元となるDNA やRNAなどの核酸やタンパク質の合成を担っているので、葉酸が不足すると造血作用が促されず、また、細胞分裂が適切に行われなくなってしまいます。

 

妊娠と葉酸

 

妊婦さんは葉酸を一般的な摂取量の2倍量摂るように勧められています。

 

その理由とは以下の通りです。

 

先天性障害の「神経管閉鎖障害」を予防する

 

「神経管閉鎖障害」とは、赤ちゃんの脳や脊椎が作られる時に「神経管」がふさがってしまうことによって起こる障害です。

 

代表的な症例に、無脳症・脳瘤・二分脊椎症などがあります。

 

この障害によるリスクを抑えるために、着床してから妊娠3ヶ月までの間に葉酸を摂取することが奨励されています。

 

貧血を予防する

 

妊娠中の妊婦さんの貧血は、血液中の酸素を優先的に赤ちゃんに送るために起こり、特に「悪性貧血」は葉酸が足りないせいで赤血球が不足して生じる貧血のことです。

 

妊娠中期〜後期は特に貧血が心配される時期なので、予防のために葉酸の摂取が効果的です。

 

妊娠中のつわりを軽減する

 

つわりは、妊娠中の自律神経のバランスが崩れることによって生じます。

 

葉酸を摂取する事で体内の赤血球が増え血行が良くなり、それによって自律神経の働きが改善されるのでつわりが軽減するケースがあります。

 

質の良い母乳を作る

 

赤ちゃんの栄養源は母乳ですが、造血作用のある葉酸を摂ることで母乳の元となる血液が作られるため、栄養バランスのとれた質のよい母乳が期待できます。

 

もし妊娠前にも葉酸を摂取したら?

 

妊娠前から葉酸を摂取したら、血行が良くなることで子宮内膜に栄養が巡り子宮の働きがよくなることが期待できます。

 

また、葉酸は受精卵の細胞分裂を促して細胞の成長を助ける働きがあるので、妊娠を望む女性にとっては有望な栄養素と言えるでしょう。

 

このように、葉酸は妊娠前から出産後まで赤ちゃんとお母さんにとって大切な栄養素です。

 

特に妊娠初期は普段の食事に気をつけたりサプリメントを活用するなどして日頃から葉酸不足にならないように気をつけたいものです。