葉酸を妊娠初期に取る必要性は?とても重要なことがわかった

葉酸を妊娠初期に取る必要性は?とても重要なことがわかった

 

妊娠をすると、嬉しい気持ちと同時に赤ちゃんを守りたいという母親としての自覚を持つことになります。

 

その時、赤ちゃんのためにいろいろなよいことをしたいと思うのは当然のことですね。

 

しかし、どんなことをすればいいのかと悩むこともあります。

 

とても重要なことは、赤ちゃんにとって必要な栄養素を取ることができているかということです。

 

必要な栄養素というのはたくさんありますが、その中でも特に言われているのは葉酸です。

 

葉酸は特に、妊娠初期には、必ず取ることが大切となっているのです。

 

ここでは、葉酸を妊娠初期に取ることの大切さについてご紹介します。

 

赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ

 

妊娠をすると妊娠初期から、赤ちゃんの体つくりが始まります。

 

その時、神経管という神経を司る組織の細胞つくりを妊娠初期に行われているのです。

 

その時、葉酸が不足していると神経管閉鎖障害という、病気になってしまう危険性が高くなると言われているのです。

 

妊娠初期に、そんな風に赤ちゃんの成長が始まっているなんて、考えていない人もいるのではないでしょうか。

 

妊娠初期の細胞分裂の時期が、最も大切な時期と認識しておきましょう。

 

そしてその時期に、必要な栄養素をしっかりと取ることが大切です。

 

特にその栄養素として葉酸が、必要となっています。

 

その他の赤ちゃんの疾患を防ぐ

 

神経管閉鎖障害だけではなく、その他の赤ちゃんの疾患について心配ですね。

 

そのことについても、葉酸不足になるとリスクが高くなることを認識しておきましょう。

 

貧血を防止する

 

妊娠初期は、体の変化によりフラツキなどが見られることがあります。

 

そのふらつきは、ひどくなると倒れてしまうなどの心配があるのです。

 

大切な赤ちゃんを守るためにも、貧血を防止することができる葉酸を取るようにしましょう。

 

妊娠初期は、妊娠していることに気づかないこともありますね。

 

そのことから、妊娠をする前の段階から葉酸を摂ると安心することができます。