妊婦さんに必ず推奨される葉酸、その摂取の方法と量は?

妊婦さんに必ず推奨される葉酸、その摂取の方法と量は?

 

葉酸、これは妊娠したら誰もが知っていておかしくないほど妊婦さんには大切な栄養素です。

 

産婦人科でも葉酸のサプリメントのサンプルを配っていたりして葉酸を摂取してくださいと言われます。

 

母子手帳にも葉酸の摂取を心がけるように記載があるほどです。

 

葉酸とは何なのかはよく分からないけど妊婦さんに大切なのだというのは広く知られているのです。

 

・この葉酸とは、実は水溶性のビタミンB群の一種です。

 

代謝を助け、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞生産、再生を助けてくれるという働きがあります。

 

核酸は遺伝情報を正確に伝え身体を作っていく指令を出すところ、生命の根幹ですね。

 

そのため、妊娠して細胞が新しく作り出されるときには必須な栄養素といえるのです。

 

また、葉酸はビタミン12と共に赤血球の造成を助ける造血ビタミンでもあるので妊娠中になりやすい母体の貧血予防にも役立ちます。

 

葉酸の摂取は食事から?

 

葉酸を摂取するのが妊婦さんにとってすごく大切なのはよく分かるけれど、どうやって摂取するのが良いのか悩みますね。

 

オススメはサプリメントからです。もちろん、食事から必要な量を摂取できるのであればそれが一番です。

 

でも、それを実現しようとしたらすごく大変なことになります。

 

葉酸は水溶性なので、せっかく葉酸を含む野菜もお湯で茹でたら簡単に流れ出てしまうし、熱にも弱いから炒めても壊れやすいビタミンなのです。

 

そうなると、しっかりと必要な量を確実に摂取出来るサプリメントは強い味方なのです。

 

1日の葉酸の摂取量は?

 

葉酸を摂取しろと勧められてはいるけれど、過剰摂取したらどうなるのか、という不安がある方もいると思います。

 

葉酸は、基本的には多少、多く摂取してもそんなに問題ありません。

 

何故なら水溶性のビタミンだから不要な分は、尿と一緒に身体から排出されるんです。

 

身体に蓄積される脂溶性ビタミンよりは心配する必要がないので安心ですね。

 

つまり、サプリメントの1日分の摂取量を飲んだけれどそれにプラス食事で葉酸を摂取しても全く問題がないということです。

 

ちなみに、葉酸は一日480μgが妊婦さんに推奨される摂取量です。

 

摂取の上限は1000μg程度とされています。でも、あまりに上限を超えてしまうと吐き気やむくみが起こる場合がありますので、サプリメントでの摂取目安量は確認して摂取したいですね。